ヴェルファイアは2008年にトヨタから発売されたミニバンで、現在までに2008年から2015年までに発売された初代と、2015年から現在まで発売されている2代目の2シリーズが発売されています。

アルファードの兄弟関係にあり、アルファードVの事実上後継車種となっています。

ヴェルファイアの紹介動画です。

中古車の相場はいくら

とりあえずカーセンサーのヴェルファイアの中古車相場表を見てみましょう。

[引用元: ヴェルファイアの中古車相場表]
※画像は2017年6月18日調べ

ヴェルファイアは新車価格が400万円前後するものが多いので、中古価格でもかなりの差があります。

2008年から2015年までに発売された初代でも100万円を切る中古車はほとんどなく、初期の頃の年式でも150万円から250万円前後する中古車が多く、結構高額になります。

初代でも新しい年式になると200万円以上する中古車がほとんどとなっています。

2015年以降に発売された2代目になると300万円以上する中古車がほとんどで新車価格とあまり違いはないと思います。

維持費はどれぐらいかかる

ヴェルファイアはミニバンですので、そこそこ維持費はかかります。

■ガソリン代

燃費に関してはハイブリッドで10km前後になるようです。(車の状態や乗り方によって変わってきます。街乗りや渋滞では悪くなり、空いている道や高速などではよくなります。)

リッター10kmで計算すると、年間5000㎞乗った場合、レギュラーガソリンを120円で計算したら、年間60,000円となり、月5,000円となります。

■自動車税

ヴェルファイアの自動車税は45,000円となります。

ただし最初の新規検査から13年を経過した自動車は自動車税が15%増しになるので、まだ適応されませんが将来的に自動車税が上がり51,750円となります。

■自動車保険

自動車保険は普通の乗用車と同じぐらいか若干高いぐらいです。あとは契約内容や年齢、ノンフリート等級によって変わってくるので何とも言えません。

■車検

車検に関しては普通の乗用車と同じぐらいです。楽天車検の全国平均が80,540円となっています。

良かった点と気になった点

カーセンサーの口コミによると良かった点として挙げられていたのが、

・室内が広い
・乗りやすい
・かっこ良い

などの点が挙げられていました。

気になった点では

・小物を入れる収納は少ない
・燃費が悪い
・維持費がかなりかかる
・車庫入れがめんどくさい

などの点が挙げられていました。

中古車の探し方

ヴェルファイアの中古車を探す場合、とりあえずトヨタのカーディーラーやトヨタ車を取り扱っている中古車販売店などを覗いてみましょう。

見つけた場合は買う買わないに関係なく、試乗などさせてもらうといいと思います。

いまいち自分が欲しい一台が見つからない場合は、ネットで探してみましょう。

ネットで探す場合はとりあえず「カーセンサー.net」を見てみましょう。

カーセンサー.net
スマホ用

厳選して探したい場合

カーセンサーを見てみたけどいまいちこれという車が見つからなかった場合は、「スバット車販売」を利用してみてください。

ネット上で紹介されている中古車というのは、実際に出回っている中古車の30%程度にすぎません。残りの70%は非公開の中古車となっているので、自分で探すことができません。

スバット車販売では、自分の欲しい車の情報を入力するだけで、非公開の70%の中古車から探してもらうことができます。

自分でネットで探すよりも、より自分の欲しい車を見つけることができる可能性が高くなります。

スバット車販売

車を売る場合、高く売りたいなら下取りより買取りを

車の購入を考えているのでしたら、現在乗っている車がある場合、売るか、譲渡するか、廃車にするか、そのまま持っているかのどれかと思いますが、多くの方は売る人が多いと思います。

車を売る場合は買い取ってもらう場合と下取りに出す場合がありますが、高く買い取ってもらいたいのであれば、かならず買取を行ってください。

下取りの場合は、中古車販売店などで購入と下取の手続きを一度にできるので手軽にできるというメリットはありますが、買取価格がかなり下がってしまう可能性が高いです。

ですので、より高く買い取ってもらいたいなら高く買い取ってもらえる中古車買取業者を探すことが先決となります。

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。

かんたん車査定ガイドでは現在乗っている車の情報を入力するだけで、最大10社から車の買取額の一括見積りをとることができます。

ですので、あなたの車をより高く買い取ってもらえる買取業者がすぐに分かります。

無料で利用できて利用したからといって必ず売らなければいけないわけではないので、気軽に利用できます。

かんたん車査定ガイド