最近はほんとに軽自動車と思うぐらい大きな軽自動車も増えてきており、荷物をたくさん積めたりゆったり乗れる軽自動車が増えてきています。

ですので室内空間が広い、おすすめの軽自動車の紹介です。

大きい軽自動車になると燃費がいまいちだったり、パワー不足になりがちですが、ゆったり乗れたり荷物がたくさん積めるなどのメリットがありますので、乗っている方も多いです。

では大きな軽自動車を紹介していきます。

タント(ダイハツ)

タントは2003年に発売された軽自動車です。

2017年現在までに3シリーズが発売されていますが、2003年から2007年までに発売された初代のタントになると30万円以下でも十分中古車を探すことができ、低予算でも購入も可能です。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1750mmとなっています。

タントを詳しく見る

ワゴンR(スズキ)

1993年から2017年現在までに6シリーズが発売されているワゴンR。当時背が低いことが弱点であった軽自動車の室内空間の狭さを解消するために作られた軽自動車です。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1650mmとなっています。

ワゴンRを詳しく見る

スペーシア(スズキ)

スペーシアは2013年にスズキから発売された軽自動車で、パレットの後継車として発売されています。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1740mmとなっています。

スペーシアを詳しく見る

ウェイク(ダイハツ)

ウェイクが2014年にダイハツから発売された軽自動車で、「ドデカくつかおう。WAKE」がキャッチフレーズになっているとおり、室内空間を広々と使える軽自動車となっています。

そこそこ新しく、中古でも相場は120万から170万円前後はしますので、予算はそれなりに必要です。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1835mmとなっています。

ウェイクを詳しく見る

N-BOX(ホンダ)

N-BOXは2011年日本だから発売された軽自動車で、Nシリーズの最初の軽自動車になります。

とても人気がある軽自動車で、2015年には軽自動車の中で一番売れており、全体で見てもアクアに続き2位ととても人気のある軽自動車です。

人気車種ですので、初期のころの年式でも100万円前後ぐらいはするので、そこそこの予算は必要です。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1780mmとなっています。

N-BOXを詳しく見る

ムーヴキャンバス(ダイハツ)

ムーヴキャンバスはダイハツから2016年に発売された軽自動車で、ライフスタイルを楽しむ女性ユーザーに寄り添う車種として開発されており、かわいらしいツートンカラーや広々とした室内空間などが特徴的な軽自動車となっています。

まだ出たばかりの軽自動車ですので、中古車でも新古車(未使用車)が多く、価格も新車とそこまで違いはなく、100万~150万円前後の中古車が多いです。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1780mmとなっています。

ムーヴキャンバスを詳しく見る

バモス(ホンダ)

バモスは1999年にホンダから発売された軽自動車で、2017年現在もマイナーチェンジを行いながら生産されています。

そこそこ古い年式の中古車もあるので、低予算で購入することも可能です。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1755mmとなっています。

バモスを詳しく見る

トッポ(三菱)

トッポは2008年に三菱から発売された軽自動車で、2013年に生産が終了していますが、後継車として「eKスペース」が発売されています。

中古車になると30万円から50万円前後で結構出回っているので、このぐらいの予算で購入することもできます。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1700mmとなっています。

トッポを詳しく見る

eKスペース(三菱)

eKスペースは2014年に三菱から発売された軽自動車で、トッポの後継車という流れで作られています。

見た目がほぼ同じものに「デイズルークス」があり、eKスペースとデイズルークスは三菱と日産が共同開発しているので、見た目や内装などほぼ変わらないものになっています。

「デイズルークス」も車のサイズは同じですので、大きい軽自動車をお探しなら「デイズルークス」もおすすめです。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1775mmとなっています。

eKスペースを詳しく見る

エブリイワゴン(スズキ)

エブリイワゴンは1999年にエブリイからフルモデルチェンジをしたワゴンタイプの軽自動車です。

現在までに3シリーズが発売されており、1999年から2005年までに発売された初代、2005年から2015年までに発売された2代目、2015年から現在まで発売されている3代目があります。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1815mmとなっています。(グレードによって多少サイズは変わります)

エブリイワゴンを詳しく見る

パレット(スズキ)

パレットは2008年にスズキから発売された軽自動車で、2013年に生産が終了していますが、後継車として「スペーシア」が発売されています。

初期の頃の年式になると、50万円前後の中古車もそこそこあるので、そのぐらいの予算でも購入することができます。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1735mmとなっています。

パレットを詳しく見る

スペーシア(スズキ)

スペーシアは2013年にスズキから発売された軽自動車で、パレットの後継車になります。見た目は若干違いますが、あまり変わってはいません。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1735mmとなっています。

スペーシアを詳しく見る

フレアワゴン(マツダ)

フレアワゴンは2012年にスズキのOEM車種としてマツダから発売された軽自動車です。

2017年現在までに2シリーズが発売されており、初代はスズキのパレット、2代目はスズキのスペーシアをベースに作られています。

車の大きさは全長3395mm、全幅1475mm、全高1735mmとなっています。

中古車探すなら「カーセンサー.net」

中古車を探すなら「カーセンサー.net」がおすすめです。日本全国の中古車を一度に検索することができ、自分の条件にあった車を探しやすいです。

問い合わせればすぐに見積もりをもらうこともできます。

カーセンサー.net
スマホ用

車を売る場合、高く売りたいなら下取りより買取りを

車の購入を考えているのでしたら、現在乗っている車がある場合、売るか、譲渡するか、廃車にするか、そのまま持っているかのどれかと思いますが、多くの方は売る人が多いと思います。

車を売る場合は買い取ってもらう場合と下取りに出す場合がありますが、高く買い取ってもらいたいのであればかならず買取を行ってください。

下取りの場合は、中古車販売店などで購入と下取の手続きを一度にできるので手軽にできるというメリットはありますが、買取価格がかなり下がってしまう可能性が高いです。

ですので、より高く買い取ってもらいたいなら高く買い取ってもらえる中古車買取業者を探すことが先決となります。

そこでおすすめなのが「かんたん車査定ガイド」です。

かんたん車査定ガイドでは現在乗っている車の情報を入力するだけで、最大10社から車の買取額の一括見積りをとることができます。

ですので、あなたの車をより高く買い取ってもらえる買取業者がすぐに分かります。

無料で利用できて利用したからといって必ず売らなければいけないわけではないので、気軽に利用できます。

かんたん車査定ガイド